ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


息が弾んだ

少女は胸に

猫の返り血

涎と混ざる

 

抱く人形を

舐める蛆虫

髪は腐って

焼場の薫り

 

蠅が集った

湯船に沈み

毎日の事を

肉へと語る

 

ご飯時には

お皿へ並ぶ

家族の顔が

団欒を生む

 

 

「笑顔の家」