ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


草木は才能で

太陽も掴むぞ

腐る根で咲く

僕に気付かず

 

小鳥は才能で

天国も渡るぞ

片翼を揺する

僕に気付かず

 

野獣は才能で

英雄も狩るぞ

骨すら惜しむ

僕に気付かず

 

才能は絶対で

故に判らない

無力な魂の末

僕が闘う訳を

 

 

「人間敗北」