ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


お揃いの恋は

教室を忘れて

通学路に咲く

蜜と口づける

 

笑わない君の

熱い頬を知り

堪らぬ想いに

少しだけ泣く

 

隠れ家で二人

魔の鏡へ問う

交差する瞳に

永遠は在るか

 

片方だけな靴

容赦無い青痣

僕は憎悪から

罪の尾を掴む

 

 

「加代の死」