ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


旅路を歩く

浮浪者の瞳

眩む天国が

乱反射する

 

翅に憧れて

涙した心は

雨を招いて

少し優しい

 

燈に微笑み

闇を慰める

夜風は遠く

太陽と巡る

 

最果ての恋

無口な末路

全ては君だ

幸せが頷く

 

 

「無垢な旅人」