ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


寒空より憎く

臓物より好む

君の肌触りに

指は震え出す

 

剃刀が描いた

熱奔る恋文で

瞳の蕩ける儘

丁寧に堕落す

 

座敷で乱れて

露わな乳房に

肉が焼ける程

噛み痕を残す

 

必ず地獄だと

息が弾むのを

氷結した唇は

禁忌へと帰す

 

 

「温み心中」