ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


脚本が命ずる

僕の幸福な日

闇雲に背いて

苦難で費やす

 

憐れな衝動が

月を指差した

死ぬのは一度

生きるも一度

 

神話が誘えど

君は海に棲む

排ガスを憎み

遭逢も叶わぬ

 

切なる衝動が

雑踏を睨んだ

殺すのは無限

生かすも無限

 

 

「嘆き姫」