ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


洗濯機の前

君は泪して

幕閉ず恋に

旋律を譲る

 

洗剤の薫り

廻っている

赤面の余熱

廻っている

 

もう今以上

憎まぬ為に

僕の叙情の

全てを贈る

 

閃く写真機

君は綺麗ね

あのお伽話

君は綺麗ね

 

 

「SFの潮時」