ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


屍鬼の群生は

通り雨を嫌い

或いは十二月

人の夢を見る

 

雪が覆うのは

淋しい喰残し

全て隠れたら

嘘を狂信する

 

瞳を逸らせば

泪も流れるか

冷気を食めば

渇きも止むか

 

残虐な桃色が

顕れる恐怖よ

何れ春は来る

何れ春は来る

 

 

「終焉の雨」