ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕の胸中には

唸る闘犬あり

赦せぬ怒りを

睨む本性あり

 

数多な傷痕は

信念の勲章で

痛みが走る度

牙を鋭く磨く

 

論理を解さず

常識を望まず

僕は僕の為に

善悪を極めた

 

されば醜犬よ

勝利に咆哮し

淋しく想うな

憐れと想うな

 

 

「孤独の闘犬