ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


砂漠に住む鳥

雷光を喰らう

翼は燃え尽き

空など忘れた

 

陽射しの砂に

強奪の風らが

憩いし水辺を

美しくさせる

 

親しい蛇から

愛情を教わる

曰く雨季より

熱さを知る毒

 

塵と朽ちるに

肉こそ剥され

その晩餐では

貴方が主役だ

 

 

「砂の鳥」