ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕は月となる

君の月となる

無遠慮に点り

暗がりへ誘う

 

恋人も捜せず

想いも叶えず

雨も朝も憂い

気儘に無力だ

 

祈る君の肌を

光で透き通す

蝋燭の炎より

値のない灯火

 

虚弱さを呪い

痩せ細れども

君の心だけは

永遠に見護る

 

 

「月の哲学」