ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


君の手紙は

虫歯の如く

多感な気性

悶え暴れる

 

僕の返事は

臆病を極め

自傷の台詞

多く捧げる

 

遠い逢瀬で

言葉は狂う

素肌の熱が

薄まる儘に

 

不揃いの心

不幸な苦楽

涙は確かに

恋文だった

 

 

「半熟な葉書」