ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


戦争ごっこは

得意な遊びだ

木の銃持てば

頭蓋を砕いて

 

僅かな天国に

頷いてみても

茶目で壊した

善意は戻らぬ

 

道徳の時間は

気分が良いぞ

主張を掲げて

女子に種付け

 

大きな声にて

ドミソと語り

転ずる批難で

地獄も愉しむ

 

 

「虫の好い家畜」