ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


苔生す魚は

ノロノロと

君の屍体を

啄いている

 

死んだ瞳に

ガリガリな

臓物抱えて

眺める空よ

 

照る満月に

ドキドキと

恋する心は

泡と隠して

 

酉の星には

カラカラの

極楽浄土が

魚を待つと

 

 

「銀鱗の夢」