ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


詩篇は自由だと

語って呉れるな

深く落胆を覚え

寒気がするから

 

詩人は秘匿する

偽物の生き物だ

甘い思想で誘い

嘘を餌に鳴かす

 

巧みな筆の血で

群衆は騙される

真相を奪う時の

下劣な愉悦さよ

 

その上僕らまで

捏造の美しさに

人知れず狂って

地獄を求むのだ

 

 

「詩々詐欺」