ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


異常の花は

屈辱を浴び

音も立てず

咲き乱れる

 

希望も無く

揺れる花弁

安らぎ無く

張り巡る根

 

悪意が薫る

自暴の蜜を

誰もが厭い

美を見限る

 

非才の欲に

徒労な復讐

末期な僕は

肋骨を曝す

 

 

「無駄咲き」