ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死屍累々な

詩篇に潜み

恋文の如く

世を恨めば

 

疚しい節に

頭を抱えて

初雪の詞を

獰猛に求む

 

犯人捜しの

文学の群れ

血の雨の中

教養を語る

 

沈黙こそが

賢明なれど

言葉恋しく

嵐は止まぬ

 

 

「詩人の輪郭」