ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


今更の言葉が

何より残酷で

僕だけ残して

罪を浄化する

 

死ぬべき命と

下して呪った

信仰無しでは

生きるも辛く

 

悪人を求めて

復讐に溺れる

それが生涯の

唯一の慰めで

 

天敵を失えば

僕は穴だらけ

惨めに縋るは

善人の悪夢よ

 

 

「暴悪の猶予」