ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


幻想の子宮で

天使様が眠る

羊水に葡萄酒

肉は熟される

 

彼女の虜なる

僕は敬虔にて

隷属を全うし

感銘に涙する

 

母胎を撫でて

唄を耳にする

天なる福音の

約束の詩篇

 

窮屈な容器を

突き破る児に

一切の呵責も

美しく平伏す

 

 

「天使の唄」