ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


照る照る坊主

太陽に微笑み

不随な体躯で

愛を振り撒く

 

雨が降る日は

異常者となり

日和の為だと

少女を吊った

 

照る照る坊主

晴れは愉快に

曇りは静かに

束縛に応じる

 

雨が降るから

全ては狂うと

処刑に刎ねた

頭蓋は想った

 

 

「照る照る」