ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


病垂に包まり

錠剤を齧って

一葉の恋文を

延々と書き殴る

 

薬効に涙して

虚言に依存し

疾患に敗れど

貴方が大切だと

 

全て告白して

返事に縋った

全て切願して

合図を捜した

 

僕の傍らは炎

苦悶の死顔に

恋文も燃える

かの聖者の如く

 

 

「病巣の恋文」