或いは美型詩の実験場。


死期折々

弱く視る

目蓋の奥

蟻が這う

 

薄倖な骨

叩きつけ

鏡を砕く

朝の日課

 

天国薫る

瘴気の中

顔は草花

茫とする

 

窮地の仲

錆びた石

齧る時は

ただ正気

 

 

「白い疾患」