ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


人の不幸を種にして

僕は言詞を育てます

文脈の中に潜んだら

何者にもなれるのです

 

虐めを受ける不細工や

戦場へ行く少年兵は

僕の感傷を乱反射して

酷く鮮明に映すのです

 

死没の遺恨の無色の人や

愛を知らない危険児は

僕の打鍵に刺激を与え

傷の快楽へと酔わせます

 

薬を頬張る腕切り女や

悲痛な病の植物の人は

僕の心の鼓動を早めて

甘い毒素で満たします

 

それらを全て花にして

世界の片隅に飾ったら

僕は詩人で誰よりも

罪悪の人となるのです

 

 

「不幸せに水やりを」