ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


あの娘を囲んだ虐待に

僕の戦争は始まった

届かなくても拳を振るい

痛くなくても飛びかかる

 

彼らの前世は略奪者

僕の前世は羊飼い

それから僕は非難され

絆の権威で尊厳を失う

 

英雄伝には力があった

僕の聖書に強さはない

あの娘は悲しく笑ってる

彼らは仲良く笑ってる

 

僕は思わず平和を説いた

何を今更、弱きは罪だ

僕の不遜を断罪せしと

本当の痛みが降り注がれる

 

僕は遂には倒れて動けず

敗戦の為のラッパを吹いた

あの娘は未だに傷つけられて

大切なものを奪われるのに

 

 

「僕の戦争」