ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


割れた鏡は全てを映す

僕に勇気があるのなら

恐れることは何もない

ただ血塗れの鏡の世界

 

世界を細分化する為に

僕は何度も拳を打った

割れる度に世界は分れ

透明な孤独が溢れ出す

 

あの娘は朝に早く起き

ミルクを三杯飲みました

朝は容赦無く朝だから

動く喉はキラキラしてる

 

少年兵は写真に祈って

歩兵銃を撃ち鳴らします

夜は臆病にも夜だから

死んだ友らに墓を作って

 

今は全てが同じ世界で

僕は苦しく思うのです

全てを分けて映したい

世界は少々乱雑である

 

 

「割れた鏡」