ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


天使は外にいる

部屋や意識や視野の外

暗闇に浸る夜中だけ

愛や夢や正義を許してる

 

天使は外にいる

死兵の怒りに触れてから

廃人の焦りに触れてから

より美しくなっていく

 

天使は外にいる

世界の殻に手を宛てがえば

懲罰の飴を口で転がす

或いは見晴らしの良い場所に

 

天使は外にいる

僕の中にはいない

君の中にもいない

誰の中にもいない

 

 

「天使の戯れ」