ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蝉は地獄で

鳴いている

犯した罪の

その告発に

 

かの鳴き声は頭に響く

地獄と現実の境界線で

 

僕の躰を

探し当て

全ての穴を

喰い進む

 

僕という名の膜を破らず

最適な罪を住処と居着く

 

――出口はないぞ

――中は温いぞ

――鳴こうぞ鳴くぞ

――此処も地獄だ

 

告発に群がる蝉らはやがて

其処に桃源郷を見つけ得る

 

夏の陽射しに

高らかに鳴く

僕が罪過の

体現者なりと

 

いつかの蝉の鳴き声がする

とても近くに、とても近く、に

 

 

「罪と蝉」