ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


信号も守れぬ強気な彼らが

可愛いあの娘を護っているよ

僕は赤信号に立っている

ずっとずっと立っている

 

理性と規律を兼ね合えば

平穏な魂は約束される

破壊と期待を何気なく

下せる奴は地獄に落ちろ

 

気丈な少女はいつだって

正しい悪意に惚れ落ちる

守って正し律する僕など

表で称えど、内は侮蔑色

 

悪と戒律は矛盾しない

善と混沌は引き合うほどだ

人間性という名の穢れ方さえ

今の僕には憂苦で傷つく

 

 

「ロウダーク」