ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


クローゼットの中の

着飾った肉布の死体

全て処分しなければ

僕の気持ちは進めない

 

東の山に埋めようか

西の空き地で燃やそうか

南の海に捨てようか

それとも我が家で食べようか

 

僕が色味の衣替えをしたら

それは僕とは呼べない誰かで

懐かしいものを全て忘れて

今だけが大切と盲信してる

 

待ち合わせは終末の鐘

誰にも聴こえぬその音色に

裾の解れに気を取られながら

心さえ覆うコートで出かける

 

今度は空っぽのクローゼットに

貴方の黒い肉憶を詰めたいの

 

 

「クローゼット」