ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


あの鍵盤の匂いがする

無色透明の旋律が

僕の心を植物にしていく

あの娘は儚げに手を当てて

音階が醜い僕に目を伏せる

 

時に心を溺れさせては

時に心に神性を与える

外気に触れた感性で

あの娘は強く呪うのね

僕は上手に生きられないよ

 

お願い、音楽を止めてくれ

愛しいあの娘を思い出すから

不用意に酷く傷つけた後に

それを薄く笑った無暗さを

思い、出して、しまうから

 

別れの言葉を交わさずに

別れた時はどうすればいい

ただ罪びとの感受性だけを

胸に残した愚かな僕でさえ

擦れた音色に涙ぐむのに

 

完璧で残酷な演奏は永遠に

僕の後悔の傷跡へと奏でる

そして高まる即興の階段に

自らの指先を合わせながら

きっと僕は死んでいくのだ

 

 

Bill Evansを忘れたい」