ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


平和を賛美する爆撃で

脳髄が損傷した男は

天啓された悪の真理で

心に文学的な炎を燃やす

 

野良犬に自らの肉を喰わせ

行きずりの女を孕ませる

親の葬儀に怒りをおぼえ

他人の思想の為に人を騙す

 

傷だらけの猫の写真を撮り

許された不貞を愛と呼ぶ

ドン・ジュアンを尊敬し

賢治を卑怯者だと罵る

 

命の悪意を為すべき脳は

丹念に遠回りを繰り返し

本質に眠る悪魔の声を

満足そうに聞き惚れている

 

滅亡の朝、男は天を仰いだ

黒い生血がその胸を鳴らす

 

 

「悪なる人」