ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


貴方の顔の火傷が恋しく

堪えて苛つき幾晩過ごす

その触り心地は実に淫靡で

僕の情緒を狂わせている

 

――火傷は、燃える我が家に戻り

――姉の代わりに負ったと聞いた。

 

舐めて爛れた傷を味わい

血のむせ返る故郷へ帰ろう

トワニオトメの証と誓って

辱めにすら寛容な女よ

 

――嫁入り前の姉の罪悪は、

――自らを殺すのも厭わないと知る。

 

沸かした雨は幾千に及ぶか

割った鏡は幾万に及ぶか

煙草を燃やす僕に吼える声は

何より甘美な喘ぎ声に等しい

 

――父母たちは焼かれて死なれ、

――姉も亡くすに至る火傷よ。

 

温度が煮え立つ負の勲章に

僕は短絡的な愛を催している

恐らく誰しもがその類の淫らさで

恋慕の泉に肉情を沈めていくのだ

 

 

「火傷の恋情」