ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕の墓には

一丁の錆びたピストルを

一緒に埋めて下さい

 

僕の面影を追って

墓を荒らす人たちに

報いるほどの根拠だけ

遺して死んでいくのです

 

僕の墓には

実弾を失ったピストルを

丁寧に埋めて下さい

 

その実存の意味することに

理解し傷つく時までを

弔いに求める期日と欲し

他には何も望まないのです

 

僕の墓には

恐怖主義者のピストルを

明白に埋めて下さい

 

僕と貴方以外の人が

全て居なくなる夢を見て

約束誓ったあの人の

鎖を砕く口実にするのです

 

僕の墓には

死骸の僕すら要らないから

僕の墓には

悲哀の花すら要らないから

 

今日も銃声は鳴り響く

遠い遠い知らない場所で

 

 

「ピストル談議」