ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


思想とは

何処かの誰かが

信じたものぞ

 

現実は遠く

言葉は近く

夢に見たのは

幸福の法則

 

紅を塗った虚言に

胸の中で眠る曲解

ーー僕らはいつも都合よく

ーー誰が誰かを知らぬままに

ーーその生涯への敬意も忘れ

ーー上手な建前で溺れてく。

 

反発されて

遂に殺され

夢に見たのは

愛の説明書

 

思想とは

何処かの誰かの

縋り木の花

 

 

「思想の花びら」