ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


人は死病に罹る時

懐かしいほどの贅肉を

一つ一つと失っていく

 

それを誰かは美しいと語る

洗練されて穢れさえ削げると

しかし僕は贅肉を失った貴方が

そこに宿る大切な心の財産も

悉く奪われたのではと感じる

 

貴方の齧ったカカオ菓子や

告白をした夜の仔羊の肉や

何より二人の手料理たちが

全て貴方から失われていく

 

命の加算など知りはしないが

犠牲の勘定など意味もないが

この贅肉こそが貴方との軌跡で

貴方を確かめる数少ない現実で

貴方の魂の在処という信仰を

僕だけは信じていると叫びたいのだ

 

そして骨となった貴方に笑って

失礼ですよ、と叱ってほしい

 

 

「贅肉に宿るもの」