ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


長く握った手すりから

指の体温は奪われる

貴方がいない真実に

価値を失い遊ばせる

 

ごめんなさい

ありがとう

でもさようなら

 

遍く人を押しのけて

自動ドアは僕に気づく

重い空気は雨を呼び

大地に色めく花が咲く

 

ごめんなさい

ありがとう

でもさようなら

 

帰り道は記憶せず

恥ずかしいほど回り道

僕は心の生傷撫でて

魚のままに部屋で寝る

 

ごめんなさい

ありがとう

でもさようなら

 

最初から好きだった

貴方の灯りに頼ってた

今日は不幸な日曜日

耳鳴りだけが愛おしい

 

ごめんなさい

ありがとう

でもさようなら

 

 

「不幸な日曜日」