ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


水たまりから産まれた僕を

どうか変わらず愛して下さい

連続性のフイルムたちは

不確かに黒く燃えている

 

落雷をしたら嫌いな街も

懐かしさすら感じないのか

死ぬことにした土砂降りの中

傘という雑な武器で喉を突く

 

太陽は天国で休暇をとっていて

濡れた犬の肺炎に素知らぬ顔をする

熱で溶けた僕の骨、肉、内臓、魂は

今この地球の一滴へと混ざってく

 

いつかの僕はキチンと他人だ

詩に寄り添う思想も異物となる

だけど貴方は看破し許して

僕が僕でないと知ったとしても

 

 

「水たまりの僕」