ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕はとても悪い子です

他人の訃報を知るたびに

今は僕の番ではない

僕の番ではないはずだと

爆弾を飲み込んだ悪魔のように

気を立てながらも安堵して

対岸の痛みから目を逸らすのです

 

大切な人の死は耐え難く

三度で僕は粉々になりました

その砂利を踏み固める為だけに

奴隷のごとく生きている気がするのです

 

死というものを大まかに括り

他人事にしてやり過ごします

生物学的に眺めたり

統計学的に数えたり

倫理的に色を変えたりと

姑息な知識を組み替えながら

僕は苦しみをやり過ごすのです

 

それでも僕から奪う気なのですか

薬を飲んでも心は鉄になれず

踏み締める代わりに傷ついて

悲しみが邪魔をして真っ直ぐさえ歩けないのに

 

 

「死逢わせ」