ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


玩具を壊してつけた掠り傷

350mlを飲み干した喉

悲しいくらい大きなベッド

ジッポオイルの錆びた匂い

パソコンが奏でる交響曲

カーテンが開くことの無い窓

野良犬の残した色褪せた肉

苛つく時の爪を噛む癖

薬の服用の為に作られた水

その旨みだけで罪を知る魚の肝

水色絵具を塗り重ねた後の孤独

眼鏡を外した時に見える風景

眠気を覚ます不幸なニュース

無暗に泣ける読み切りの漫画

自由を叫ぶ不自由な革命家

含み笑いに明け暮れる日々

僕を閉じ込めた合わせ鏡の悪魔

忘れていくいつかの思い出

いつでも赤い貴方の耳と頬

 

 

 

「今は寄り添う事が必要だった」