ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


恋と嘘

夢と街

声と雨

君と僕

 

僕は僕を助けられずに

聴こえる声も覚えがない

街はそれでもご機嫌なまま

露わな恋に夢中になってる

もしも嘘が赤く変われば

この夢だって叶うはず

三月の雨はまだ冷たくて

君を思い出して死んでみる

 

それは隠し通すべきもの

それは立ち止まるべきもの

それは浴び続けているもの

それは世界と呼べるもの

 

砕片になった僕ならば

この人生は言葉遊びだ

死ぬに決まった日など無く

陽炎のように消えたくば

 

 

「線は幾重に交わって」