ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


死んだ友の数煙草を吸って

残りで空き家をよく燃やす

 

苦虫が僕の躰を這い回り

噛み潰されるのを待っている

 

痛みに慣れた顔をしてると

便器のような扱いを受ける

 

こんな夜は湯船で眠ろう

僕を煮込んでスープにしよう

柔らかく溶けた肉崩れの中で

骨盤だけが主張をしている

 

屋上から飛び降りる一秒前が

被写体になった夏も終わるね

 

クレヨンで塗り潰した明日にも

病棟の山びこは鳴り止まない

 

性的暴行の果てにある理性は

僕らを大人にするには十分だった

 

こんな夜は仔猫と遊ぼう

尻尾を掴んで海へ投げよう

浮かんでくるのは愛の狂信

死して回想語った映画

 

 

「夜の抵抗」