ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


居ないものに焦がれ

視えないものに魅了され

聴こえないものを信じてた

僕の敗因

現実と仲違いしたこと

 

手に触れぬ情念

鏡に映らぬ恋慕

空気を震わせる事の無い言葉

どれも意味がないと語る

あの人の悲しみを思い出す

 

敗北の痛みに戸惑うならば

まだ僕には信仰が足りない

今でも宇宙色の細胞は転移して

正常な世界への認識を損なわせるのに

 

だからこの「」を部屋の中に閉じこめて

電気を消して鍵をかける

そして僕が病理や不信に沈んだ日には

何度も扉を叩き続ける事で

真相の観測で「」が奪われていないか

涙で濡らすままに確かめるのだ

 

僕だけが感受し得る事は

どれだけの意味を与えるか

実存の無い認識こそが

僕の詩編に思慮をもたらす

 

 

「焦点」