ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


点滅する舞台照明の下

僕は随分と演じてきた

 

それは群衆を笑わせ

時に臆病者を驚かせ

暫くは貴方を泣かせた

 

この頃は怒号が響く劇場で

観客の安心感を焦らしている

空っぽの脚本の中からは

考え付かない法螺を吹いて

 

儚さは何故美しい

張り子の樹木が呟いた

代償は何を終わりとするか

付随音楽が問いただす

 

それから物語は破綻を迎え 

不揃いの重圧に小道具たちは

錯乱して互いを殺し合うのだ

 

予定調和の独白劇の

準備はついに整った

幻想に触れてダンスを踊ろう

命の代わりに役割を貰おう

そして貴方がその一幕を

何と名付けるか尋ねてみたい

喝采の無き暗転の中

僕の半分は泣いていたから

 

 

「舞台装置は笑わない」