ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


言葉はさよならだけだから

此処は等しく鳴り止まなくて

それからの僕らは繰り返し

その言葉の有意性や

その言葉の利便性に

脳髄の刃で傷ついている

 

それでも僕らは傷つくことを

求めて焦がれて知るべきなのだ

 

手紙で別れを切実に

詩編をしたため柔らかに

最後に血の玉浮かんだ肌の

痛みの味で染めたのだけど

理解の外の外から覗く

無言の読者は既に手を振る

 

僕らはいつでも確実に

惜別を重ねていたのかな

 

新たなる日々はまるで墓荒らし

生まれた時から知っていたのに

僕はただただ人を騙すように

歳だけ重ねてしまったのだ

 

 

「別れには必然的な速度で」