ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


青春というものに憧れて

僕一人では心許ないので

学生通りにナイフを持って

震える草片を狩りに行く

 

悲鳴をあげる痩せすぎの白葱

怒声で暴れる背の高い大根

ちょろちょろ逃げる可愛い鷹の爪

そして本命のお洒落な胡瓜たち

 

綺麗に乱切りができない僕でも

指先の棘を取り除くことはできる

裸に剥いて少しだけ味付けをしたら

サラダボウルは何処までもまあるい

 

野菜ジュースをこぼした両手を

狭い台所で洗ったときに

シンクに映った僕の青春は

数少ない秘密の一つになった

 

 

「青春野菜君」