ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


胸の地底が

無暗に熱くなったなら

声の色味が

無暗に湿り出したなら

 

貴方を探しに出かけます

きっとそれは運命的で

鉄で出来た好奇心一つで

宇宙の果てまでUFOジャック

 

そして僕の剥き出しの魂が

貴方の青に染色される

 

希望の色だと

僕らは笑った

 

 

「宇宙を飛ぶ鳥」