ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


根暗なテレビは呟いた

私はしょせん広告装置で

無垢な人々を騙す仕事を

誇りもないまま続けていると

 

僕はテレビが嫌いだから

あれを見ると馬鹿になるから

毒電波に洗脳されるのだから

そのプラグを牛乳に浸してやるのだ

(アア、それで毒素が抜けると言います)

 

しかしそうぼやく気の毒な顔面に

バッドを振り下ろす事だけは

とうとう最後までできなかった

 

物言わぬテレビのピカピカは

いつかサイボーグの心に変わる

その時は差別主義者なこの僕を

感電する血液で殺して欲しい

 

そして彼らに映るのは

僕の死を知らせるワイドショー!

 

 

「テレビ革命」