ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


夜は更けに更け果てて

聴こえるのは犬の寝言と韓国語

安全過ぎる毛布にくるまって

世界の終わりをジッと待っている

 

僕の世界の終わりには

貴方の死が含まずにいる

寝息を立てる貴方を見ると

安心と恐怖が交わってしまうから

 

失うとはきっと

こういう事なんだね

 

空は未だに殆ど空っぽだから

魂がクロールするには丁度良い

あんなに憎い彼らさえ

きっとその炎は美しかろう

 

誰よりも早く死にたくて

それが怖くて仕方が無くて

想像の毒素が脳を破壊していく

確実に行儀よく粉々に

 

震えるほどに

次の言葉を恐れていたんだ

 

 

「今夜だけ」