ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


貴方の薬になりたい

胃の中に浮かびながら

死して一石を投じ

何れは血液の混紡になるのだ

 

痛み止めに

風邪薬

抗うつ剤

覚せい剤

 

毎日服用して欲しい

冷たい水で飲んで欲しい

喉を鳴らして落ちていくのに

何よりするりと心が震える

 

粉薬に

錠剤二粒

液状薬と

生薬少々

 

躰も心も貴方に捧げる

だから貴方は感傷も忘れて

透明な僕に渡り鳥の顔で

健常さだけを味方にして欲しい

 

 

「毒に愛され、薬に恋して」