ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


僕に薬を下さい

胎児になれる薬を

光を失う薬を

音が遠ざかる薬を

肌が燃え盛る薬を

 

胃の中で溶けて

体の隅々を駆け巡る

確かで間違わない薬を

僕を裏切らない薬を

 

水に溶かしソーダ水となり

はじけた泡の数の分だけ

記憶が掻き消える薬を

この記録する器官たちが

全て嘘になる薬を

 

知りたくない事があるのです

沢山沢山あるのです

感情なんて欲しくないのに

懐かしいものが僕を追い詰める

 

だから薬を下さい

その薬さえあれば

いつでも懐に忍ばせるだけで

これからもきっと悲しめるから

これからもきっと生きていけるから

 

 

「健忘する薬剤」